俺、やっぱり馬が好き

たけさん、やっぱり競走馬が気になるらしい

ステルヴィオ

f:id:ktake0606:20180124211600j:plain

2017年コスモス賞

性別 生年月日
  • 2015/01/15
  •  
  • 3歳
馬主 (有)サンデーレーシング 毛色 鹿毛
調教師 木村 哲也(美 浦) 生産牧場 ノーザンファーム

ダノンプレミアム|JBISサーチ(JBIS-Search)

2歳 2017年—— 

4戦2勝 コスモス賞 勝ち

2歳新馬

芝左1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 12:25

1着 3 6 ステルヴィオ 牡2 54 ルメール 1:34.8  
3人気

2歳新馬|2017年06月04日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年6月4日 2歳新馬 芝1600m 東京競馬場

1着:ステルヴィオ 牡2 (C.ルメール)
2着:サトノオンリーワン 牡2 (モレイラ)
3着:スプリングマン 牡2 (松山弘平)
レースタイム:1:34.8(良)
レース上がり3F:34.5
勝ち馬上がり3F:34.2
 

コスモス賞

芝右1800m / 天候 : 小雨 / 芝 : 重 / 発走 : 14:50

1着 6 6 ステルヴィオ 牡2 54 ルメール 1:51.3  
1人気
1着:ステルヴィオ 牡2 (C.ルメール)
2着:[地]ミスマンマミーア 牝2 (井上俊)
3着:[地]ハッピーグリン 牡2 (服部茂史)
レースタイム:1:51.3(重)
レース上がり3F:36.3
勝ち馬上がり3F:35.8

ロードカナロア産駒ステルヴィオが新馬戦に続き連勝。

道中は中団に待機し、じっくりと脚を溜め、ペースが上がった4コーナーで動き出すと直線で先に抜け出したハッピーグリンを差し切り勝ち。

距離不安も囁かれたが、当レースの内容からも2000前後も問題ない様に映る。

 

第3回サウジアラビアRC GⅢ

芝左1600m / 天候 : 曇 / 芝 : 稍重 / 発走 : 15:45

2着 8 16 ステルヴィオ 牡2 55 ルメール 1:33.3 1.3/4
1人気

サウジアラビアRC|2017年10月07日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年10月7日 サウジアラビアRC 芝1600m 東京競馬場

1着:ダノンプレミアム 牡2 (川田将雅)
2着:ステルヴィオ 牡2 (C.ルメール)
3着:カーボナード 牡2 (岩田康誠)
レースタイム:1:33.0(良)※レコード
レース上がり3F:34.7
勝ち馬上がり3F:34.4
ステルヴィオは8枠16番から。
大外枠から後手後手を踏み、不利な競馬も最後は一頭出色の伸び脚。
ただ相手が悪い。1着馬は後に朝日杯フューチュリティSを優勝するダノンプレミアム。
圧倒的なスピードを秘めた勝ち馬には、流石に及ばず2着まで。
ダノンプレミアム 1着 1枠1番

take0606.hatenadiary.jp

関連記事:

レース予想
馬場状態が気になるから、まだ買えないけども、そもそも道悪適正がはっきりして無いからなぁ。
ステルヴィオは傾向が3個全てが向いていたし、札幌でのコスモス賞でも、重馬場の中2勝目を挙げているから、軸馬には良いのだろうけど、いちょうS時代も含め過去10年で1番人気が勝利したのは2011年のアーデントのみ。
そもそも、この時期の2歳馬だから、当然信頼性は低い。配当的にもステルヴィオを1着で固定するのはどうだろうか。重馬場適正を含め、ロードカナロア産駒の傾向も良くわからないし...
ならば、サウジアラビアロイヤルCの傾向とは違うが、あえて先々まで考えられそうな馬を狙うのも面白そう。
いちょうS時代、優勝馬からは2014年クラリティスカイ、2013年イスラボニータとGⅠ馬を立て続けに輩出している。それも踏まえ、過去3年の傾向とは違うが、あえて、ディープ産駒を中心に狙ってみる。 
ディープインパクト産駒は鮮度が命

そこで、ディープインパクト産駒ダノンプレミアムに食指が動く。3か月ぶりのレースだがディープ産駒は休み明けで買うのが、必勝法。期待値も高く、使われるほど低くなっていく。 

take0606.jp

ディープインパクト産駒 -鮮度が命-
買い時1 馬齢が若い、キャリアが少ない

-馬齢別集計-
馬齢 勝率 複勝率 単回値 複回値
2歳 21.5% 53.9% 111 97
3歳 15.7% 39.3% 69 81
4歳 13.7% 38.0% 58 82
5歳 9.4% 29.2% 72 77
集計期間 2014/01/05^2016/12/25
若ければ若いほど、成績が良いですね。「若い=低キャリア=鮮度が高い」という図式が成立しています。新馬戦も強いのもこの理由からです。蛇足。同じくサンデー系のマンハッタンカフェ産駒も新馬戦強い。
-キャリア別集計-
キャリア 勝率 複勝率 単回値 複回値
3^5戦 16.6% 43.3% 81 90
^10戦 15.5% 37.6% 67 78
^15戦 11.1% 36.1% 58 85
^20戦 10.1% 27.9% 87 69
^30戦 5.5% 18.3% 35 58
集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25
低キャリアほど、好走率が高い。馬齢が若いor低キャリアだと同世代だけの競走になり易いので、好成績は当然とも言えますが、ディープインパクト産駒は、顕著な傾向になっています。
若く、低キャリアの馬を狙うのがポイント。

買い時2 昇級戦、重賞挑戦
昇級戦
ディープインパクト産駒は能力の絶対値が高い。当然、昇級することは、今まで以上に強い馬と戦うことになる。ただ「能力が高いところに加え、刺激を受ける」という相乗効果によって好走率は高まります。つまり、弱い相手に飽きていたが、強い相手となると、再び競走意欲がわく。新鮮度が増す。
-前走クラス別集計-
前走クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
同クラス 13.0% 36.1% 67 80
昇級戦 21.3% 46.4% 94 94
降級戦 18.0% 50.8% 64 79
集計期間 2014. 1. 5 ~ 2016.12.25
そもそも、昇級戦のディープインパクト産駒は人気になりやすい。それでも、回収値は単複90オーバーです。兎に角侮らない。昇級は寧ろ狙い目。
重賞挑戦
同じ理由から、滅法強いです。重賞初挑戦のディープ産駒は黙って買い。

買い時3 休み明け
鮮度がポイント!マンネリに弱い
また、鮮度がとても重要になってきます。前走と同じ条件で使っている馬の期待値が低い。重賞で2勝以上を挙げる馬も極端に少ない。1度重賞を勝ってしまうと「飽きる」と言う事なのでしょう。蛇足ですが、マンハッタンカフェ産駒も休み明け走りますよ。

第69回朝日フューチュリティ GⅠ

芝右 外1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

2着 5 10 ステルヴィオ 牡2 55 C.デムーロ 1:33.9 3.1/2
3人気

朝日フューチュリティ|2017年12月17日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年12月17日 朝日杯フューチュリティS 芝1600m 阪神競馬場

1着:ダノンプレミアム 牡2 (川田将雅)
2着:ステルヴィオ 牡2 (C.デムーロ)
3着:タワーオブロンドン 牡2 (C.ルメール)
レースタイム:1:33.3(良)
レース上がり3F:34.0
勝ち馬上がり3F:33.6
 
当レースも後ろからの競馬。
4コーナ10番手から上がり33.8の脚で直線一閃追い上げてくるも、前を行くダノンプレミアムに33.6で上がられたら、つかまえようがない。 
 
サウジアラビアRCと朝日杯フューチュリティステークスともにダノンプレミアムの圧倒的なスピードの前に2着に甘んじてしまったステルヴィオ。
ただ、最後の末脚には眼を見張るものがあり、展開や条件次第では大舞台でも怖い1頭。レースぶりを見る限り、距離、直線ともに長いコースの方が良い。
 
後手を踏みやすいところからも、皐月賞では苦しい様に思う。
NHKマイルCがドハマりしそうなタイプに見える。余裕があれば、その足で日本ダービーもいいかも知れない。
関連記事:

ktake0606.hatenablog.com

 

 

次走予定 スプリングS