俺、やっぱり馬が好き

たけさん、やっぱり競走馬が気になるらしい

レイエンダ

f:id:ktake0606:20180125091123j:plain

2017年2歳新馬レイエンダ

 

レイエンダ | 競走馬データ - netkeiba.com

生年月日 2015年1月30日
調教師 藤沢和雄 (美浦)
馬主 キャロットファームキャロットファーム
募集情報 1口:17.5万円/400口
生産者 ノーザンファーム
産地

安平町

キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
ラドラーダ シンボリクリスエス
レディブロンド

引用 - netkeiba.com

netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

 

2歳 2017年—— 

1戦1勝 2歳新馬 勝ち

 

2歳新馬

芝右1800m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 12:10

 

1着 レイエンダ 牡2 54 ルメール 1:51.4

2歳新馬|2017年07月30日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年7月30日 2歳新馬 芝1800m 札幌競馬場

1着:レイエンダ 牡2 (C.ルメール)
2着:ラソワドール 牝2 (福永祐一)
3着:ハルキスター 牡2 (藤岡佑介)

レースタイム:1:51.4(良)
レース上がり3F:35.3
勝ち馬上がり3F:34.5
 
道中最後方から競馬を進めるレイエンダ。
 
4コーナーで大外を一気に進出すると、直線の入り口ではすぐさま前を射程圏に。そこから軽く追われるとグンと加速し一頭違う脚。
 
その一瞬にして後続を突き放した内容は圧巻。
 
また、デビュー戦の内容だけの比較なら、偉大なる兄、レイデオロに勝るとも劣らない様に映ったが、どうか。
 
1着:レイデオロ 牡2 (C.ルメール)
2着:ポールヴァンドル 牝2 (蛯名正義)
3着:ストレヌア 牡2 (幸英明)

レースタイム:2:04.3(重)
レース上がり3F:35.0
勝ち馬上がり3F:34.6

 
 
終わって見れば、軽く流す程度で楽勝の白星発信。将来を嘱望もされ、期待もされたその後だったが、レース後に骨折が判明、戦線離脱。
 
能力は相当なモノと映る。クラシックに間に合うかは不透明だが、陣営はまだクラシックを諦めてもいないのだろう。はやい復帰を望まれる。
 

続報も待たれる。

 

関連記事

biz-journal.jp

 今年のダービー馬レイデオロの全弟、レイエンダが骨折したことがわかった。

 X線検査で、左膝にごく小さな骨片、右膝にとげ状の骨膜、右前副手根骨の骨折が確認された。つまりは「両脚」に異常をきたしたということだ。ノーザンファームのHPによれば「軽度で不幸中の幸い」としているが、「出鼻をくじかれた」とはこういうことだろうか。

 デビュー前から「兄以上」と評判の極めて高かったレイエンダ。新馬戦を圧勝後にC.ルメール騎手が「(兄より)こっちのほうがいいくらい」と語り、管理する藤沢和雄調教師が「兄に似て走るのが大好き」と高評価するなど、前途洋々の未来が見えていた。

 もちろん「ダービー馬の兄がダービー」と短絡的に思うほど甘くないことは誰もが承知。そうではない場合の確率のほうが圧倒的に高い。

しかし2000年、2001年と兄弟連続でクラシックを制したアグネスフライト・アグネスタキオンのような快挙を見てみたいというのも事実。その期待を背負うだけのポテンシャルやスター性をレイエンダは有している、ということだろう。

 しかし、比較的軽症とはいえ、今回の骨折でその期待に暗雲が立ち込めた部分は否定できない。

 ただ、もともと兄のレイデオロもデビューから順風満帆にダービーまでの道のりを歩んだわけではない。

 

ニュースサイトで読む:

http://biz-journal.jp/gj/2017/08/post_4072.html

Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

 

 

p.nikkansports.com

 ああ、もちろんだ-。藤沢和雄調教師(66)は史上初となる「2年連続ダービー制覇」へ意欲を見せた。開業30年目の昨年、レイデオロで悲願の勝利を挙げた競馬界の巨人。オブセッション(牡)、レイエンダ(牡)、ゴーフォザサミット(牡)など頂点を期待させる素質馬をそろえ、現役最多1381勝の「キングカズ」は今年も走り続ける。

(中略)

 「欧州の有力厩舎(調教師)のように何百頭も管理して、ダービーを目指していくわけじゃないからね」。日本のクラシックを勝つことは難しい。ただ、頂点を狙える馬たちが今年もそろっている。「オブセッションは阪神(シクラメン賞)で強い競馬(1800メートルの2歳レコード1分45秒6で4馬身差V)をしたし、楽しみにしているよ。(新馬戦後に骨折で休養中の)レイエンダ(レイデオロの全弟)も牧場で順調に復帰へ向かっている。青葉賞からダービーへいければいいね。その前に一度500万を使うことになるかもしれない。ゴーフォザサミットは共同通信杯に向けて順調だよ。前走(百日草特別1着)を見ても、追ってしぶとく伸びてくるところがいいな。(ホープフルS13着の)フラットレーは自己条件からやり直そう」。口調は次第に熱を帯びていく。

 

 

偉大なる兄レイデオロ ———

外部blogリンク

take0606.jp