俺、やっぱり馬が好き

たけさん、やっぱり競走馬が気になるらしい

マウレア

f:id:ktake0606:20180205230617j:plain

2017年2歳新馬マウレア 

 

マウレア | 競走馬データ - netkeiba.com

生年月日 2015年2月1日
調教師 手塚貴久 (美浦)
馬主 落合幸弘落合幸弘
生産者 下河辺牧場
産地 日高町
ディープインパクト サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
バイザキャット Storm Cat
Buy the Firm

netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

 

2歳 2017年—— 

3戦2勝 新馬 赤松賞勝ち

 

2歳新馬

芝左1600m / 天候 : 曇 / 芝 : 稍重 / 発走 : 12:35

1着 マウレア 牝2 54 戸崎圭太 1:37.3

2歳新馬|2017年10月14日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年10月14日 2歳新馬 芝1600m 東京競馬場

1着:マウレア 牝2 (戸崎圭太)
2着:ロンギングファロー 牡2 (Mデムーロ)
3着:コロンバスデイ 牝2 (田辺裕信)

レースタイム:1:37.3(稍)
レース上がり3F:34.5
勝ち馬上がり3F:34.1

 

全姉にアユサンを持つ素質馬マウレアがデビュー。姉と同様に東京競馬場を初戦の地に選んだ。

レースは内の4、5番手を追走、直線に入ると力強く馬群を割り快勝、潜在能力の高さを示した。

着差はコンマ2秒差ながらもジョッキーが懸命に追うシーンもほぼ見られず、着差以上の内容。鞍上の戸崎圭太も自信をのぞかせている。

news.netkeiba.com

 「新馬戦」(14日、東京)
 13年桜花賞アユサンの全妹で2番人気のマウレア(牝2歳、父ディープインパクト母バイザキャット、美浦・手塚)が、直線坂上で鋭く抜け出した。
 戸崎圭は「センスがいい走り。直線は楽にスピードに乗ってくれた」と称賛。手塚師は「時計うんぬんじゃなく勝ちっぷりがいい。距離は2000メートルぐらいまでなら大丈夫」と満面の笑み。次走は赤松賞(11月19日・東京)が濃厚。

 

赤松賞

芝左1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 14:15

1着 マウレア 牝2 54 戸崎圭太 1:37.1

赤松賞|2017年11月19日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年11月19日 赤松賞 芝1600m 東京競馬場

1着:マウレア 牝2 (戸崎圭太)
2着:ミュージアムヒル 牝2 (北村宏司)
3着:ナラトゥリス 牝2 (菱田裕二)

レースタイム:1:37.1(良)
レース上がり3F:34.0
勝ち馬上がり3F:33.5

 
中団の内目を追走し、直線コースに入ると末脚を爆発。マウレアが赤松賞を快勝した。
 
坂上付近で窮屈なシーンも見られたものの、怯むこと無く馬群の間に進路を求め突き抜けたレースぶりからも能力だけでなく勝負根性も示した。
 
姉アユサンとの比較においても順調さを感じられ、またクラシック戦線の有力馬として駒を進めているが、真の舞台は阪神仁川。姉が大輪の花を咲かせることとなる舞台、桜花賞。その歩みの先には府中の大舞台が待っているが、まずは小手調べ。
 
次走は、阪神ジュベナイルフィリーズとなった。
 
 

第69回阪神ジュベナイルF GⅠ

芝右 外1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

2着 リリーノーブル 牝2 54 川田将雅 1:34.4 3/4
3着 マウレア 牝2 54 戸崎圭太 1:34.5 1/2
1着 ラッキーライラック 牝2 54 石橋脩 1:34.3

阪神ジュベナイルF|2017年12月10日 | 競馬データベース - netkeiba.com
2017年12月10日 阪神ジュベナイルフィリーズ 芝1600m 阪神競馬場

1着:ラッキーライラック 牝2 (石橋脩)
2着:リリーノーブル 牝2 (川田将雅)
3着:マウレア 牝2 (戸崎圭太)
レースタイム:1:34.3(良)
レース上がり3F:34.4
勝ち馬上がり3F:33.7

 

オルフェーヴル産駒の2頭ロックディスタウンとラッキーライラックが仲良く1、2番と人気を分け合い、ついでルーラーシップ産駒リリーノーブルが3番人気、マウレアは4番人気に支持されていた。

姉が花咲かせた舞台、仁川の桜につぼみを付ける、ヒロインへの1マイル。阪神ジュベナイルフィリーズ。

 

レースは、押してラスエモーショナルがハナへ立つとスロー。番手にコーディエライト、直後に8枠18番ロックディスタウンが追走する展開で馬群がひと塊のまま直線コースへ。

ロックディスタウンが早め抜け出しにかかる。が、その外からリリーノーブルがかわし単独先頭へ躍り出るや、更にその外から2番人気ラッキーライラックが坂上でとらえると勝敗は決する。

マウレアはその攻防には参加できなかったが、3着と健闘した。

 

ラッキーライラック ——— 1着 4枠7番

take0606.hatenadiary.jp

リリーノーブル —— 2着 6枠11番

take0606.hatenadiary.jp

 

 

 

3歳 2018年—— 

 

デイリー杯クイーンC GⅢ

芝1600m / 天気: / 馬場: / 発走:15:45
5着 5 10 マウレア 牝3 54.0 戸崎圭 1:34.2   1人気
1着 3 6 テトラドラクマ 牝3 54.0 田辺 1:33.7   3人気

レース情報(JRA) - netkeiba.com


2018年02月12日 クイーンカップ GⅢ 芝1600m 東京競馬場

1着:テトラドラクマ 牝3 (田辺裕信)
2着:フィニフティ 牝3 (川田将雅)
3着:アルーシャ 牝3 (ルメール)

レースタイム:1:33.7(良)
レース上がり3F:35.9
勝ち馬上がり3F:35.9

 

テトラドラクマと鞍上田辺裕信が展開した、前半1000メートルは57秒8というハイペースを、内の3番手で追走するマウレア。

直線粘り込みをはかるテトラドラクマを懸命に追うも、2016年クイーンCを逃げ切ったGⅠ2勝メジャーエンブレムと同タイムの通過ラップが堪えたか、ツヅミモンとともに失速。マウレアのクイーンCが終わった。

直線、中団に位置していた同じディープインパクト産駒のフィニフティにも、なすすべなく交わされ5着に敗れた。

また、陣営が意気込んでいた“必勝態勢”もあっけなく破綻した。

 

参考記事:【デイリー杯クイーンC】マウレア“必勝態勢” 出世レース制して本番へ!

 

テトラドラクマ —— 1着 3枠6番 

take0606.hatenadiary.jp

ソシアルクラブ —— 7着 3枠5番 

take0606.hatenadiary.jp

レース記事 2018年クイーンC GⅢ 優勝馬テトラドラクマ

ktake0606.hatenablog.com

 

news.netkeiba.com

東京11Rのクイーンカップ(3歳GIII・牝馬・芝1600m)は3番人気テトラドラクマ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒7(良)。3/4馬身差の2着に5番人気フィニフティ、さらに1馬身3/4差の3着に7番人気アルーシャが入った。
~レース後のコメント~
1着 テトラドラクマ(田辺裕信騎手)
「逃げる事も考えていました。力みやすいタイプなのでリズムよく行かなければと考えていましたが、スタートが良く逃げる形になりました。センスのある馬ですね。どんな相手でも一生懸命走る馬ですから、今後も楽しみです」
5着 マウレア(戸崎圭太騎手)
「スタートしてから良い感じで運べましたが、ラストでもたもたしたというか、反応がありませんでした。返し馬で若さも見せますし、気性的に幼い所があります」