俺、やっぱり馬が好き

たけさん、やっぱり競走馬が気になるらしい

ダノンプレミアム

f:id:ktake0606:20180123123247j:plain

2017年朝日杯フューチュリティS優勝   

性別 生年月日
  • 2015/04/03
  •  
  • 3歳
馬主 (株)ダノックス 毛色 青鹿毛
調教師 中内田 充正(栗 東) 生産牧場 ケイアイファーム
ディープインパクト
鹿 2002
サンデーサイレンス(USA)
ウインドインハーヘア(IRE)
インディアナギャル(IRE)
黒鹿 2005
Intikhab(USA)
Genial Jenny(IRE)

ダノンプレミアム|JBISサーチ(JBIS-Search)

2歳 2017年

3戦3勝 朝日杯FS GⅠ  サウジアラビアRC GⅢ優勝

2歳新馬

芝右 外1800m / 天候 : 小雨 / 芝 : 稍重 / 発走 : 12:25

1着 7 7 ダノンプレミアム 牡2 54 川田将雅 1:48.7  
1人気

2歳新馬|2017年06月25日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年06月25日 2歳新馬 芝1800m 阪神競馬場

1着:ダノンプレミアム 牡2 (川田将雅)
2着:スプリングスマイル 牡2 (武豊)
3着:ウインルーカス 牡2 (和田竜二)

レースタイム:1:48.7(稍重)
レース上がり3F:34.6
勝ち馬上がり3F:34.6

負けた馬たちも次走勝ち上がり

 り自体に大物感があり、この時期の稍重の芝1800mでのデビュー戦を1分48秒台でかけ抜けた事もさることながら、当レース5,6着に敗れているシュバルツボンバー、シエラネバダの両頭、ともに次走1着と強い勝ち方をしている点からもレース自体のレベルはかなり高かった見て良さそうだ。

参考記事:

1着 シュバルツボンバー 2歳未勝利|2017年07月09日 | 競馬データベース - netkeiba.com

1着 シエラネバダ 2歳未勝利|2017年10月01日 | 競馬データベース - netkeiba.com

第3回サウジアラビアRC GⅢ

芝左1600m / 天候 : 曇 / 芝 : 稍重 / 発走 : 15:45

1着 1 2 ダノンプレミアム 牡2 55 川田将雅 1:33.0  
2人気

サウジアラビアRC|2017年10月07日 | 競馬データベース - netkeiba.com

2017年10月07日 サウジアラビアRC GⅢ 芝1600m 東京競馬場

take0606.jp

1着:ダノンプレミアム 牡2 (川田将雅)
2着:ステルヴィオ 牡2 (C.ルメール)
3着:カーボナード 牡2 (岩田康誠)
レースタイム:1:33.0(良)※レコード
レース上がり3F:34.7
勝ち馬上がり3F:34.4
レコード勝ち

 馬戦を圧勝したダノンプレミアム。

 ここでも他馬を寄せ付けない走りで連勝。

 レースでは、終始、番手からの追走も直線に入ると早め抜け出しをはかり、そのまま他馬を引き離してゴール。

 走破時計も1分33秒0のレコード勝利と全く文句のつけようの無い圧巻のパフォーマンスで初重賞制覇を果たした

 折り合い面や気性などにも特に注文の付け所も無く、クラシック有力候補へと躍り出た。

 2着ステルヴィオも大外枠から後手後手を踏みながらも、直線での伸びは流石。上位2頭は今後の牡馬戦線でも注目。

サウジアラビアRCレース後コメント   

news.netkeiba.com

~レース後のコメント~
1着 ダノンプレミアム(川田将雅騎手)
 「理想的な競馬が出来ました。新馬戦で強い勝ち方をしてくれたので期待していましたが、いい競馬でした。直線では手応えが良く、少しふわふわしているところもあるので、さらに成長するでしょう。マイルもこなしたし、輸送もクリアしたので、課題という課題が一つもありません。このまま無事に進んでほしいです」

2着:ステルヴィオ   

take0606.hatenadiary.jp

2着 ステルヴィオ(C・ルメール騎手)
 「外枠が厳しかったです。スタートが速くないので、いい位置を取れませんでした。前走の1800mも忙しかったのですが、今日も忙しかったです。直線は反応が良く、よく伸びてくれました」

第69回朝日杯フューチュリティS GⅠ

芝右 外1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

1着 1 1 ダノンプレミアム 牡2 55 川田将雅 1:33.3  
1人気

朝日フューチュリティ|2017年12月17日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年12月17日 朝日杯FS GⅠ 芝1600m 阪神競馬場

ktake0606.hatenablog.com

1着:ダノンプレミアム 牡2 (川田将雅)
2着:ステルヴィオ 牡2 (C.デムーロ)
3着:タワーオブロンドン 牡2 (C.ルメール)

レースタイム:1:33.3(良)
レース上がり3F:34.0
勝ち馬上がり3F:33.6
2歳牡馬チャンピオン 
 枠から好スタートを決めた単勝2.3倍の1番人気ダノンプレミアム。 
 ケイティクレバーの直後を楽に追走し、直線に入ると一気に加速。
 
 追いすがる後方勢を尻目に、最後は鞍上川田将雅がターフビジョンで確認する余裕をみせるほどの圧勝劇。  
 
 無傷の3連勝を飾り、2歳牡馬チャンピオンをほぼ確定させた。
 
 課題もあるが、2着ステルヴィオまでチャンスがあるように思う。 
 
朝日杯フューチュリティSレース後コメント   

news.netkeiba.com

1着:ダノンプレミアム   

~レース後のコメント~

1着 ダノンプレミアム(川田騎手)
 「無事にこの馬の強さを見せられて良かったです。ここ2戦、新馬戦からいい内容を見せていましたから、そのリズムを維持しようと思っていました。ゲートから気持ちが強かったのでなだめながら、"大丈夫だよ"と伝えながらのレースでした。直線に向いて道は見えましたので、強いレースをしようとゴーサインを出したら、いいトビ、いい加速、期待通りのレースでした。素晴らしいメンバーの中、ここに手が届いたことは素晴らしいですね。賢い馬で、強さのポイントはそこにあります。デビュー戦は1800mでしたが、マイルの朝日杯FSを目標にしましたので、来年は距離を延ばしていかなければいけません。とにかく厩舎にとっての初のGIを取れたことも喜ばしいですね」
(中内田充正調教師)
 「元々スタートセンスのいい馬で、いつも通りのスタートでした。事前に川田騎手とは、王道の競馬を、と話していましたから、川田騎手もそのように乗ってくれました。期待していた馬ですし、とにかく順調に来ていましたし、期待通りに走ってくれました。まだ成長の余地を残していますが、完成度は高いと思います。今後、距離をもっと延ばしていければと思います。目指すところは一つ、クラシック目指して、ステップレースを使って皐月賞か本番直行かは、オーナーサイドと相談して決めたいと思います」

2着:ステルヴィオ   

take0606.hatenadiary.jp

2着 ステルヴィオ(C.デムーロ騎手)
 「直線、狭いところがありましたが、加速するのに時間の掛かる馬ですから、現状、1600mは短いと思います。来年、距離を延ばしていけばGIでも好勝負出来る馬だと思います」

 

3着:タワーオブロンドン   

3着 タワーオブロンドン(ルメール騎手)
 「いい競馬でした。でも少し引っ掛かりました。その分、すぐに反応出来ませんでしたが、また伸びてくれました。もう少し短い距離の方がいいと思います」

4着:ケイアイノーテック   

take0606.hatenadiary.jp

4着 ケイアイノーテック(幸騎手)
 「最後はしっかり伸びてくれましたし、能力は高いですね。勝った馬が強かったです」

ダノンプレミアムが最優秀2歳牡馬 タイムフライヤーに“大差”圧勝   

news.netkeiba.com

 「2017年度JRA賞」の受賞馬選考委員会が9日、東京都港区のJRA六本木本部で行われ、朝日杯FSを制したダノンプレミアムが最優秀2歳牡馬に輝いた。昨年、ホープフルSがG1に昇格したことで、ある程度票が割れる可能性もあったが、フタを開けてみれば275票と断然。土つかずの3連勝、その圧倒的な勝ちっぷりが評価されたようだ。

3歳 2018年

弥生賞 GⅡ

芝2000m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:45

1着 8 9 ダノンプレミアム 牡3 56.0 川田 2:01.0   1人気

レース情報(JRA) - netkeiba.com


2018年3月4日 弥生賞 GⅡ 芝2000m 中山競馬場

ktake0606.hatenablog.com

1着:ダノンプレミアム 牡3 (川田将雅)
2着:ワグネリアン 牡3 (福永祐一)
3着:ジャンダルム 牡3 (武豊)

レースタイム:2:01.0(良)
レース上がり3F:34.3
勝ち馬上がり3F:34.1
2歳王者の貫禄
 2歳王者ダノンプレミアムが単勝1.8倍で1番人気、つづく2番人気に支持されていたのが、同じディープインパクト産駒のワグネリアンだった。
 
 レースはサンリヴァルが逃げる展開。少し離れた番手から追走のダノンプレミアムが、3コーナーでは逃げ馬を射程圏にとらえると、一気の進出。馬場の荒れていない外目を選んで直線では単独先頭、鞍上川田将雅が仕掛けると抜群の反応を見せ、最後まで鞭を入れる事無くゴール板を駆け抜けた。
 
 追い込んだワグネリアンを尻目に余裕を見せての勝利。その強さは着差以上にも感じられ、王者の貫禄というところか。
皐月は当確か
 新馬戦の476キロから、当レースでは498キロと22キロ増えている。余裕残しと成長分との事。皐月制覇の可能性は相当高いように思うし、圧巻のパフォーマンスだったようにも思う。

弥生賞レース後コメント   

news.netkeiba.com

1着 ダノンプレミアム(川田騎手)
 「今年の初戦を無事に終えることが出来ました。3、4コーナーで馬場の荒れているところがあったので、馬場を選びながら良い雰囲気で回ってくることが出来ました。十分に間隔を取りながらレースを使ってきましたが、今日は走りたい気持ちが前に出ていたと思います。コーナー4つ、そして2000mの距離もこなしてくれましたし、本番へ向けて前向きすぎる気持ちが抜けてくれることがポイントになると思います」
(中内田充正調教師)
 「ジョッキーと事前に話していた通りのレースをすることが出来ました。ワンターンが続いていたので行く気を見せていましたが、よく我慢してくれました。体重が増えていたのは成長分でしょう。テンションが少し高いのが今後の課題です」

ワグネリアン  2着    

take0606.hatenadiary.jp

2着 ワグネリアン(福永騎手)
 「レースに関しては言うことは何もありません。スタートも出ましたし、3戦の中で一番リラックスして走っていました。最後、負けてしまったのは、休み明けと気負っていたのと相手も強かったことがあったと思います。次に向けて良い経験になりました」

ジャンダルム 3着   

take0606.hatenadiary.jp

3着 ジャンダルム(武豊騎手)
 「前走より雰囲気と走りが良くなっていました。いいレースが出来ましたが、相手が強すぎました。多頭数になる本番では何とか逆転したいです」

右前脚の挫石のため皐月回避

news.netkeiba.com

 5日午前、ダノンプレミアムを管理する中内田師は挫跖(ざせき 注:ひづめの底部に内出血を起こした状態)のため同馬が皐月賞を回避することを明らかにした。
中内田充正調教師の話
 「挫跖を発症したため、皐月賞は回避することになりました。大変残念ですが、目標を切り替えて頑張っていきたいと思います」

東京優駿(日本ダービー) GⅠ

ktake0606.hatenablog.com

 

2018年クラシックロード 牡馬編   

take0606.hatenadiary.jp

ディープインパクト産駒 2018年牡馬クラシック世代   

take0606.hatenadiary.jp