俺、やっぱり馬が好き

たけさん、やっぱり競走馬が気になるらしい

グレイル

f:id:ktake0606:20180124094304j:plain

2017年2歳新馬グレイル

 

グレイル | 競走馬データ - netkeiba.com

生年月日 2015年3月7日
調教師 野中賢二 (栗東)
馬主 カナヤマホールディングスカナヤマホールディングス
生産者 ノーザンファーム
産地 安平町
ハーツクライ サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
プラチナチャリス ロックオブジブラルタル
シルバーチャリス

netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

 

2歳 2017年—— 

2戦2勝 京都2歳S GⅢ優勝

 

2歳新馬

芝右2000m / 天候 : 雨 / 芝 : 不良 / 発走 : 12:25 

1着 グレイル 牡2 55 武豊 2:12.9

2歳新馬|2017年10月22日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年10月22日 2歳新馬 2000m 京都競馬場

1着:グレイル 牡2 (武豊)
2着:ストーミーバローズ 牡2 (ルメール)
3着:レイエスプランドル 牡2 (幸英明)
レースタイム:2:12.9(不良)
レース上がり3F:36.3
勝ち馬上がり3F:36.1
 

菊花賞当日の京都競馬、第5レースで行われた新馬戦、武豊騎乗のグレイルが1番人気に支持されていた。

レースは、中団から早めに上がっていったグレイルが、直線に入るとはやくも先頭に取りつき、内で食い下がる3番人気ストーミーバローズをクビ差振り切りデビュー戦をモノにした。

タフな条件でのデビュー戦をはやめに動き勝ちいく競馬で、首差ながらもしっかりモノにした事や、また、レースぶりからも、距離が伸びても問題ないだろうと好印象をうけた一戦。

 

news.netkeiba.com

京都5Rのメイクデビュー京都(芝2000m)は1番人気グレイル(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒9(不良)。クビ差の2着に3番人気ストーミーバローズ、さらに1馬身半差の3着に6番人気レイエスプランドルが入った。
グレイルは栗東・野中賢二厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ母プラチナチャリス(母の父Rock of Gibraltar)。
~レース後のコメント~
1着 グレイル(武豊騎手)
「まだ緩い所はありますが、先々楽しみな馬です」
(野中賢二調教師)
「馬場が心配でした。参考にならないくらいの馬場になってしまいましたね。他馬が来れば来るほど伸びているので今の完成度としては合格点ではないでしょうか。まだ体が仕上がっていないのですが、今後かなり良くなっていく感じはあります。今日勝ったので、今後は様子を見ながらゆっくりと考えられます」

 

 

第4回ラジオN杯京都2歳S GⅢ

芝右2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

2着 タイムフライヤー 牡2 55 C.デムーロ 2:01.6 アタマ
1着 グレイル 牡2 55 武豊 2:01.6

ラジオN杯京都2歳S|2017年11月25日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年11月25日 京都2歳ステークス 芝2000m 京都競馬場

1着:グレイル 牡2 (武豊)
2着:タイムフライヤー 牡2 (C.デムーロ)
3着:ケイティクレバー 牡2 (小林徹也)
レースタイム:2:01.6(良)
レース上がり3F:34.6
勝ち馬上がり3F:34.0
 
新馬戦勝利から挑んだグレイル。
 
経験馬相手に憶すること無くレースを運び、直線では先に抜け出し粘り込みを図るタイムフライヤーを後方からあっさり差し切って連勝。
血統馬らしい、見栄えのする馬体と雄大なフットワークから大物感を漂わせている。まだまだ成長途上に映り、伸びしろの余地も充分残していそうな1頭。

成長次第では、日本ダービー有力候補に躍り出る。

 また、2着タイムフライヤーも、後にGⅠホープフルステークスを勝利しており、こちらも相当な器。

グレイルの兄は重賞馬ロジチャリスだが、当馬は父がハーツクライに代わり、見事に長距離仕様になっている。

新馬、京都2歳ステークスを連勝するも荒削りな面も見せており課題もありつつ、結果も残している。

 

馬体から見ても伸びしろは十分。今後の活躍が非常に楽しみな1頭。

 

news.netkeiba.com

 25日、京都競馬場で行われたラジオNIKKEI杯京都2歳S(2歳・GIII・芝2000m)は、4番手でレースを進めた武豊騎手騎乗の2番人気グレイル(牡2、栗東・野中賢二厩舎)が、直線で脚を伸ばして、3番手追走から一旦は抜け出した1番人気タイムフライヤー(牡2、栗東・松田国英厩舎)をゴール前で捕らえ、これにアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分1秒6(良)。

 

ktake0606.hatenablog.com

タイムフライヤーは皐月が良いか

こちらもハーツクライ産駒。当レース1番人気であったが、グレイルの2着。

1着馬との比較をするなら、こちらの方がスピードに長けている様に思ったがどうだろう。皐月賞の方がダービーよりも向いてそうな気もするし、レースぶりだけでなく、非ノーザンであるから、皐月賞でこそと、評価して大外れも無いだろう。

関連記事:

タイムフライヤー

take0606.hatenadiary.jp

サンデー×トニービン

時期の問題もあるのかも知れないが、京都2歳Sは時計がかかっている印象がある。今年も含めて4回になるが、走破時計が2分5秒に迫る年もあり、欧州要素を問われているように思う。

確かに、ノーザンファーム生産馬が優勢なレースでもあるから、一見矛盾するようでもあるが、今年を含め過去4回中ディープ産駒が馬券圏12頭中1頭と、ノーザンファーム要素を問われている割には日本的スターホースが活躍するようなレースではないらしい。

ハーツクライ産駒が台頭するレース

上述の文言は「ノーザンファーム要素はあるがGⅠではワンパンチ足らない馬」という事になるし、それは、そのまま当レースがハーツクライ産駒が台頭するレースである説明にもなっている。

 

 

3歳 2018年—— 

 

第52回共同通信杯 GⅢ

芝1800m / 天気: / 馬場: / 発走:15:45

8 12 7着 グレイル 牡3 57.0 武豊 1:48.1   1人気
5 6 1着 オウケンムーン 牡3 56.0 北村宏 1:47.4   6人気

レース情報(JRA) - netkeiba.com


2018年02月11日 共同通信杯 GⅢ 芝1800m 東京競馬場

1着:オウケンムーン 牡3 (北村宏司)
2着:サトノソルタス 牡3 (ムーア)
3着:エイムアンドエンド 牡3 (ミナリク)
レースタイム:1:47.4(良)
レース上がり3F:34.8
勝ち馬上がり3F:33.5
 

ハーツクライ産駒のグレイル、ステイゴールド産駒のステイフーリッシュと2歳時の実績が評価され、1、2番人気に支持されていた。

こちらはキャリア1戦と実績はないが、血統からくる期待か、ディープインパクト産駒のサトノソルタスが3番人気と続いた。 

 

レースは、人気薄のコスモイグナーツが1000m通過60秒2の平均ペースの逃げを打ち、番手にはこちらも人気薄エイムアンドエンドが位置する。

前の2頭に目をやりながら、中団の内を進むオウケンムーンと鞍上の北村宏司。

それらを前に見るかたちで後方に構えていたのが断然人気のグレイル、GⅠ3着とこちらも実績十分のステイフーリッシュなど、人気各馬が後方といった隊列で流れ、最後の直線勝負を向かえる。

直線坂下をむかえ、前を行く2頭が粘り込みをはかる。

後方各馬は前をとらえに行くが、中でもオウケンムーンの脚色に勢いがあり、残り150メートル付近で一気に先頭へ。人気馬2頭が伸びを欠いているのとは対照的に、力強くゴール板を駆け抜け、3連勝で重賞初制覇を決めた。

単勝1.8倍断然の1番人気に支持されていたグレイルであったが、道中同じ位置にいたサトノソルタスについてゆけず7着に敗れた。

 

オウケンムーン —— 1着 5枠6番
take0606.hatenadiary.jp

父オウケンブルースリは2008年菊花賞優勝馬。中央所属の現役馬はわずか7頭で、これが同産駒におけるJRA重賞レース初挑戦だった。

皐月賞直行が有力視され、マイナー血統でもあるが、しっかり結果を出しており、また、脚質面からも皐月賞の舞台は合うはず。同時に成長途上にも映り、スタミナ面にも不安が無いようにも思う。マイナー血統らしくタフさも兼ねてそうなところも好感が持てる。

共同通信杯から皐月賞への直行は近年のトレンドと言える。

オウケンムーン陣営は、時間を取って成長を促す意図もあるのだろうし、減った馬体を皐月仕様につくる必要もある。

皐月の舞台では相手もより強化されるが、地味な存在であったオウケンブルースリ産駒がクラシックの大舞台で躍動する事だろう。

 

news.netkeiba.com

 11日、東京競馬場で行われた共同通信杯(3歳・GIII・芝1800m)は、4~5番手でレースを進めた北村宏司騎手騎乗の6番人気オウケンムーン(牡3、美浦・国枝栄厩舎)が、直線で先行各馬を交わして抜け出し、中団から追い上げてきた3番人気サトノソルタス(牡3、美浦・堀宣行厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分47秒4(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に10番人気エイムアンドエンド(牡3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が入った。なお、1番人気グレイル(牡3、栗東・野中賢二厩舎)は7着、2番人気ステイフーリッシュ(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)は10着に終わった。

 

レース記事

ktake0606.hatenablog.com