俺、やっぱり馬が好き

たけさん、やっぱり競走馬が気になるらしい

ラッキーライラック

f:id:ktake0606:20180125170600j:plain

2017年阪神ジュベナイルF優勝

性別 生年月日
  • 2015/04/03
  •  
  • 3歳
馬主 (有)サンデーレーシング 毛色 栗毛
調教師 松永 幹夫(栗 東) 生産牧場 ノーザンファーム
オルフェーヴル
栗 2008
ステイゴールド
オリエンタルアート
ライラックスアンドレース(USA)
栗 2008
Flower Alley(USA)
Refinement(USA)

JBISサーチ(JBIS-Search):国内最大級の競馬情報データベース

2歳 2017年—— 

3戦3勝 阪神ジュベナイルF GⅠ  アルテミスS GⅢ 優勝馬 

2歳新馬

芝左 外1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 12:20

1着 4 8 ラッキーライラック 牝2 54 石橋脩 1:36.4  
2人気

2歳新馬|2017年08月20日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年8月20日 2歳新馬〈牝〉 芝1600m 新潟競馬場

1着:ラッキーライラック 牝2 (石橋脩)
2着:ラヴァクール 牝2 (北村宏司)
3着:デルニエリアリテ 牝2 (戸崎圭太)
レースタイム:1:36.4(良)
レース上がり3F:33.4
勝ち馬上がり3F:33.1

 期待の新種牡馬オルフェーヴル産駒の期待馬ラッキーライラック。

 道中4,5番手で進めると、直線では進路を求め外へ。そこからは、馬なりで先頭をつかまえに行き、外から他馬が伸びてくるも末脚が勝り一気の加速で、あっという間に突き放しデビュー戦を飾った。

第6回アルテミスステークス GⅢ

芝左1600m / 天候 : 雨 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45

1着 7 13 ラッキーライラック 牝2 54 石橋脩 1:34.9  
2人気

アルテミスステークス|2017年10月28日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年10月28日 アルテミスS 芝1600m 東京競馬場

ktake0606.hatenablog.com 

1着:ラッキーライラック 牝2 (石橋脩)
2着:サヤカチャン 牝2 (松岡正海)
3着:ラテュロス 牝2 (秋山真一郎)
レースタイム:1:34.9(良)
レース上がり3F:35.1
勝ち馬上がり3F:34.7
 
 新種牡馬オルフェーヴル産駒の大物ラッキーライラックが新馬戦に続き連勝を決める。
 1番人気はディープ産駒トーセンブレスに譲り2番人気の支持を背負う
 
 レースでは、先行集団の外目を追走する、ラッキーライラックと鞍上の石橋脩。直線に入ると、逃げるサヤカチャンを抜群の手応えでかわし、坂上からラストスパートをかける。追いすがる後続勢を尻目に悠々とした走りでゴール板を駆け抜けていた。
 
 遊びも見られ、完成度もまだ低いように思う。伸びシロの点でも、同じオルフェ産駒のロックディスタウンより上回っているのではないか。
 

news.netkeiba.com

 28日、東京競馬場で行われたアルテミスS(2歳・牝・GIII・芝1600m)は、好位でレースを進めた石橋脩騎手騎乗の2番人気ラッキーライラック(牝2、栗東・松永幹夫厩舎)が、直線で脚を伸ばして、逃げ粘る13番人気サヤカチャン(牝2、栗東・田所秀孝厩舎)を捕らえ、これに3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒9(良)。
 さらに1馬身差の3着に4番人気ラテュロス(牝2、栗東・高野友和厩舎)が入った。なお、1番人気トーセンブレス(牝2、美浦・加藤征弘厩舎)は6着、3番人気ウラヌスチャーム(牝2、美浦・斎藤誠厩舎)は10着に終わった。 

第69回阪神ジュベナイルF GⅠ

芝右 外1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

1着 6 11 ラッキーライラック 牝2 54 石橋脩 1:34.3  
2人気

阪神ジュベナイルF|2017年12月10日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年12月10日 阪神ジュベナイルフィリーズ 芝1600m 阪神競馬場

ktake0606.hatenablog.com

1着:ラッキーライラック 牝2 (石橋脩)
2着:リリーノーブル 牝2 (川田将雅)
3着:マウレア 牝2 (戸崎圭太)
レースタイム:1:34.3(良)
レース上がり3F:34.4
勝ち馬上がり3F:33.7
 
 1番人気は同じオルフェーヴル産駒のロックディスタウン。ラッキーライラックは2番人気に支持されていた。

ロックディスタウン 9着

take0606.hatenadiary.jp

 レースは、スローで逃げたラスエモーショネスを見て馬群が一団のまま直線コースへ。
 早めの競馬をしたロックディスタウンを外からリリーノーブルがかわし先頭に立つも、更にその外から2番人気ラッキーライラックが楽々と差し切り3連勝でGⅠ制覇。
 
 新種牡馬オルフェーヴルにGⅠタイトルを献上する勝利となった。 

リリーノーブル 2着   

take0606.hatenadiary.jp

マウレア 3着      

take0606.hatenadiary.jp

関連記事:

news.netkeiba.com

 勝ったラッキーライラックは、父オルフェーヴル母ライラックスアンドレース、その父Flower Alleyという血統。新馬戦、アルテミスSに続く無傷の3連勝で見事2歳女王に輝いた。また、本馬の父オルフェーヴルは初年度でGI制覇、鞍上の石橋脩騎手は2012年天皇賞(春)ビートブラック以来のGI制覇となった。
石橋脩騎手のコメント】
 新馬の時からセンスが良い馬なので、(レースプランは)スタートを出してから決めていこうと考えていました。思ったよりは少し後ろの位置になりましたが、上手く折り合っていましたので、前走より良い脚が使えると思っていました。4コーナーで素晴らしい手応えでしたので、あとは合図を送るだけでした。
ビートブラックで(GIを)勝たせていただいてから長かったですが、もう一度勝ちたいと思って自分なりに努力してきましたので、本当に良かったです。

「2017年度JRA賞」受賞

 最優秀2歳牝馬に選出

news.netkeiba.com

 「2017年度JRA賞」の受賞馬選考委員会が9日、東京都港区のJRA六本木本部で行われ、最優秀2歳牝馬には、阪神JFを3戦無敗で制したラッキーライラックが満票で選出された。管理する松永幹師自身は、調教師として15年にJRA賞(優秀技術調教師)を受賞しているが、「馬で獲るのは初めて。あの舞台に行けるのはライラックのおかげですね」と喜びをかみしめた。

3歳 2018年—— 

チューリップ賞 GⅡ

芝1600m / 天気:曇 / 馬場:良 / 発走:15:35

1着 5 5 ラッキーライラック 牝3 54.0 石橋脩 1:33.4   1人気

チューリップ賞|2018年03月03日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2018年03月03日 チューリップ賞 芝1600m 阪神競馬場

ktake0606.hatenablog.com

1着:ラッキーライラック 牝3 (石橋脩)
2着:マウレア 牝3 (武豊)
3着:リリーノーブル 牝3 (川田将雅)

レースタイム:1:33.4(良)
レース上がり3F:33.9
勝ち馬上がり3F:33.3

 いつもより前目の3番手で競馬を進めたラッキーライラック。リリーノーブル、マウレアと言った有力馬を後ろに置く位置取り。

 鞍上の石橋脩はラスト300mでも持ったままで先頭のカレンシリエージョに並びかけると、そこから鞍上の追い出しに応え直線楽々と抜け出し独走の構え。背後の有力馬が叩き合っているのもどこ吹く風。

 右ステッキにパワフルな反応を見せ、ライバルたちには影をも踏ませず悠々と1着でゴールイン。「ここ2回は(前を)目標にして抜け出すという形だったが、自分から先頭に立って、どんな感じか確認したかった。1頭になってもしっかり走れていました」と石橋ジョッキー。

 本番を見据えた意識的な位置取りにも、しっかり回答したラッキーライラック。阪神JFでは3/4馬身だった着差をさらに広げた圧勝からも、1強ムードの様相も帯びはじめてきた。

マウレア 2着      

take0606.hatenadiary.jp

リリーノーブル 3着   

take0606.hatenadiary.jp

桜花賞 GⅠ

芝1600m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:40

2着 1 1 ラッキーライラック 牝3 55.0 石橋脩 1:33.4 1.3/4 1人気

レース情報(JRA) - netkeiba.com


2018年04月08日 桜花賞 1600m 阪神競馬場 

ktake0606.hatenablog.com

1着:アーモンドアイ 牝3 (Cルメール)
2着:ラッキーライラック 牝3 (石橋脩)
3着:リリーノーブル 牝3 (川田将雅)
レースタイム:1:33.1(良)
レース上がり3F:34.4
勝ち馬上がり3F:33.2

史上7頭目となる無敗の桜の女王へ

 戦前から、1枠1番を懸念されたレースだったが、単勝1.8倍の断然の支持を集めた。

 レースでは、好スタートから枠順を活かし、すぐさま好位の3,4番手につけ課題をクリアすると、道中も包まれることなく抜群の手応えで直線へ。坂下付近で先頭に立ったラッキーライラックが鞍上の左ステッキに応えグイと伸びると、勝負はついたと誰もが思ったその一閃。

 無敗の桜の女王へ、直線堂々と先頭に立ったラッキーライラックと鞍上の石橋脩。しかし、次の瞬間、手にしたはずの勝利が、信じられない末脚で外から駆け抜けて行った勝ち馬によって、逃すこととなった。

アーモンドアイ 1着   

take0606.hatenadiary.jp

距離延長は歓迎

 ただ、本質的にはオークスでこそ。また、アルテミスSを勝利しているのも好印象で、同レース好走馬からは、ヴィクトリアMでも人気になりそうな、桜花賞、秋華賞ともに2着のリスグラシュ―やマイルGⅠ2勝のメジャーエンブレム、ドバイターフにも参戦したクロコスミア、古馬スプリント戦線を賑わす、桜花賞馬レッツゴードンキと多士済々。

ktake0606.hatenablog.com

f:id:ktake0606:20180202205449p:plainhttps://www.keibalab.jp

次走はオークス

 距離延長は歓迎で、府中2400mが舞台となれば逆転は可能。勝負づけはまだ済んでいない。リフレッシュ放牧からオークスを目指す。

 ちなみに、1番枠は、1994年にオグリローマンが勝利したのを最後に24連敗となった。

take0606.hatenadiary.jp