俺、やっぱり馬が好き

たけさん、やっぱり競走馬が気になるらしい

カツジ

f:id:ktake0606:20180508090036j:plain

2018年ニュージーランドT 優勝     引用:https://keiba-times.com/

性別 生年月日
  • 2015/04/27
  •  
  • 3歳
馬主 (株)カナヤマホールディングス 毛色 鹿毛
調教師 池添 兼雄(栗 東) 生産牧場 岡田スタツド
ディープインパクト
鹿 2002
サンデーサイレンス(USA)
ウインドインハーヘア(IRE)
メリッサ
鹿 2004
ホワイトマズル(GB)
ストーミーラン

カツジ|JBISサーチ(JBIS-Search)

2歳 2017年

2戦1勝 新馬勝ち

2歳新馬

芝右 外1600m / 天候 : 雨 / 芝 : 重 / 発走 : 12:25

1着 4 6 カツジ 牡2 55 松山弘平 1:38.8  
1人気

2歳新馬|2017年10月21日 | 競馬データベース - netkeiba.com

2017年10月21日 2歳新馬 芝1600m 京都競馬場

1着:カツジ 牡2 (松山弘平)
2着:コンパウンダー 牡2 (松若風馬)
3着:ブレイニーラン 牡2 (川田将雅)
レースタイム:1:38.8(重)
レース上がり3F:36.3
勝ち馬上がり3F:35.9

 2017年秋競馬は終始、雨にたたられていた印象がある。

 カツジのデビューの舞台となる京都競馬場も他場同様、もれなく重馬場となっており、雨中、淀のターフでの新馬戦、ディープインパクト産駒カツジは1番人気に支持されていた。

 レースでは、時計のかかる馬場をものともせず終始4,5番手につけていたカツジが直線に入ると力強く先頭に躍り出る。

 そのまま、いち早くゴール板を駆け抜け、デビュー戦を勝利で飾った。

 牝系からも重馬場に問題は無いように思う。また、スタミナ勝負もこなせそうだ。

メイクデビュー京都レース後コメント   

news.netkeiba.com

~レース後のコメント~
1着 カツジ(松山弘平騎手)
 「調教から動きが良く、乗り味のいい馬でした。今日も乗りやすく、注文もつきませんでした。いい馬です。抜け出してからも余裕があって着差以上に強いレースでした。これから先、楽しみです」

第52回デイリー杯2歳S GⅡ

芝右 外1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45 

2着 8 8 カツジ 牡2 55 松山弘平 1:36.5 1.1/4
4人気

デイリー杯2歳S|2017年11月11日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年11月11日 デイリー杯2歳S 芝1600m 京都競馬場

1着:ジャンダルム 牡2 (A.アッゼニ)
2着:カツジ 牡2 (松山弘平)
3着:ケイアイノーテック 牡2 (川田将雅)
レースタイム:1:36.3(良)
レース上がり3F:35.3
勝ち馬上がり3F:34.4

1着:ジャンダルム   

take0606.hatenadiary.jp

3着:ケイアイノーテック   

take0606.hatenadiary.jp

 馬戦勝利後、重賞に挑んだカツジであったが、こちらもデビュー戦勝利から挑戦してきたジャンダルムに並ぶ間もなく差し切られてしまった。

 さすがの良血馬と言うところだろうが、ジャンダルムの距離適性はマイル前後と考えて良いように思う。

 2着カツジに関しては、1着馬と比較しても距離適性が長めと思うので、そこまで、悲観する必要もないように思う。

 また、勝ったジャンダルムも、素直で折合いもつきやすそうに映る事から、皐月賞くらいまでの距離なら対応可能に思う。

 ともに、成長次第で十分可能性がある筈だ。  

news.netkeiba.com

 京都11Rの第52回デイリー杯2歳ステークス(GII、2歳、芝1600m)は5番人気ジャンダルム(A.アッゼニ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒3(良)。1馬身1/4差2着に4番人気カツジ、さらに2馬身1/2差で3着に3番人気ケイアイノーテックが入った。
 ジャンダルムは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父Kitten's Joy、母Believe(母の父Sunday Silence)。通算成績は2戦2勝。
~レース後のコメント~
 1着 ジャンダルム(池江泰寿調教師)
「ゲートの出が少し悪く、位置取りが思ったよりも後ろになって厳しいかと思いましたが、抜けてくる時の脚はさすがですね。収穫のあるレースでした。距離適性に関しては、東京2400mは何とか持たせたいですね。持つように育てたいです。この後は武豊騎手ホープフルSに向かう予定です」
 2着 カツジ(松山騎手)
「スタートは出てくれたし、今日の馬場を考えていいポジションで流れに乗れましたが、最後は外に逃げ気味で甘くなってしまいました。能力は高いですし、これから良くなってくると思います」

3着 ケイアイノーテック(川田騎手)
 「これだけ長く休んでいますからね。成長もしていますが、その中で3着まで頑張ってくれました。これでさらに動きが良くなってくるでしょう」

3歳 2018年

きさらぎ賞 GⅢ

芝1800m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:35

5着 8 10 カツジ 牡3 56 松山弘平 1:49.6  
3人気

きさらぎ賞|2018年02月04日|競馬データベース- netkeiba.co

2018年02月04日 きさらぎ賞 GⅢ 芝1800m 京都競馬場

1着:サトノフェイバー 牡3 (古川吉洋)
2着:グローリーヴェイズ 牡3 (Mデムーロ)
3着:ラセット 牡3 (藤岡佑介)

レースタイム:1:48.8(良)
レース上がり3F:35.4
勝ち馬上がり3F:35.4

1着:サトノフェイバー   
take0606.hatenadiary.jp

 日杯FSをフレグモーネで回避したカツジ。

 一頓挫はあったがきさらぎ賞に出走し、単勝5.0倍の3番人気に支持されていた。

 1番人気は、キャリア1戦ながらも、その新馬戦で高いパフォーマンスを示したダノンマジェスティ。2番人気にはMデムーロ騎乗のグローリーヴェイズが続く。

9着:ダノンマジェスティ   

take0606.hatenadiary.jp

 レースはこちらもキャリア1戦のサトノフェイバーがハナを奪う。

 そこに、大外からカツジもいいスタートを決め道中3番手と、ポジション取りも上手くいったようにも見えたが、追ってみると案外伸びない。

 怯むことなく果敢に逃げを打ったサトノフェイバーは直線でも脚いろは衰えず、大きな馬体を活かして粘り込みを計る。

 終始2番手につけていたグローリーヴェイズが猛追してくるも、ハナ差レースを制した。

 また、1番人気だったダノンマジェスティは悪癖が影響。僅か1戦のキャリアが露呈する結果となり9着と敗れた。

きさらぎ賞レース後コメント   

news.netkeiba.com

 京都11Rのきさらぎ賞(3歳GIII・芝1800m)は4番人気サトノフェイバー(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒8(良)。ハナ差の2着に2番人気グローリーヴェイズ、さらに2馬身半差の3着に5番人気ラセットが入った。
 サトノフェイバーは栗東・南井克巳厩舎の3歳牡馬で、父ゼンノロブロイ母ヴィヴァシャスヴィヴィアン(母の父Distorted Humor)。通算成績は2戦2勝。
~レース後のコメント~
1着 サトノフェイバー(古川吉洋騎手)
 「2戦目でこれだけ動いてくれました。スタートが上手で、今日もそこまで行く気はなかったのですが、出て行ってくれました。手綱を引っ張るよりは自分のリズムで行こうと思いました。手応え十分でしたが、2着馬も強かったです。それでもふりきってくれました。スタートが上手で、スッと良い所を取れて、脚を使ってくれて、センスの良い走りです」
2着 グローリーヴェイズ(尾関知人調教師)
 「ジョッキーの好判断でうまく立ち回ってくれました。勝てなかったのが残念だったこと以外は良いレースでした。馬場が悪いのを気にしていましたが、良い馬場だったらもっとやれたと思います」
5着 カツジ(松山弘平騎手)
 「スタート良く、いいポジションでレースができましたが、追ってからが伸びなかったですね」

9着 ダノンマジェスティ(松若風馬騎手)
 「調教では出なかったのですが、左に張ってしまいました。それが敗因です」

ニュージーランドT GⅡ

芝右 外1600m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45

1着 3 5 カツジ 牡3 56 松山弘平 1:34.2  
2人気

ニュージーランドT|2018年04月07日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2018年04月07日 ニュージーランドT 1600m 中山競馬場

ktake0606.hatenablog.com

1着:カツジ 牡3 (松山弘平)
2着:ケイアイノーテック 牡3 (戸崎圭太)
3着:デルタバローズ 牡2 (大野拓弥)
レースタイム:1:34.2(良)
レース上がり3F:35.1
勝ち馬上がり3F:33.9
2着:ケイアイノーテック   

take0606.hatenadiary.jp

ニュージーランドTレース後コメント   

news.netkeiba.com

~レース後のコメント~
1着 カツジ(松山弘平騎手)
 「接戦でしたが、勝ってくれて良かったです。スタートは五分に出ましたが、自分から進んで行かなかったので、馬のリズムを大事にしてじっくり運びました。普段から凄く良い馬で、何とか早く結果を出したいと思っていましたし、今日も外に出してから凄く良い伸びを見せてくれました。次も乗せて頂けるなら全力で頑張りたいですね。まだまだ成長途上ですし、良くなってくると思います」
(池添兼雄調教師)
 「ちょっとヒヤッとしましたが、良い脚を使ってくれましたね。いろいろな競馬が出来ると思いますから、(次も)楽しみです。(ジョッキーは次も乗せて頂けるなら、と言っていたことについて聞かれて)もちろん次も松山騎手です」
2着 ケイアイノーテック(戸崎圭太騎手)
 「良い感じで走ることが出来ました。1回前に出られた時に盛り返していましたし、どっしりした良い馬です。まだこれから成長しそうです」
3着 デルタバローズ(大野拓弥騎手)
 「リラックスして臨めました。スタートして1ハロンを過ぎてからスムーズに行けて、直線に向いた時の手応えは勝つかと思わせるほどでした。精神的にコントロールが効けばこれくらい走れる馬です」

NHKマイルC GⅠ

芝左1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

8着 1 1 カツジ 牡3 57 松山弘平 1:33.5 8人気

NHKマイルカップ|2018年05月06日 | 競馬データベース - netkeiba.com

2018年05月05日 NHKマイルカップGⅠ 芝1600m 東京競馬場

ktake0606.hatenablog.com

1着:ケイアイノーテック 牡3 (藤岡佑介)
2着:ギベオン 牡3 (Mデムーロ)
3着:レッドヴェイロン 牡3 (岩田康誠)

レースタイム:1:32.8(良)
レース上がり3F:34.8
勝ち馬上がり3F:33.7 

1着:ケイアイノーテック   

take0606.hatenadiary.jp

5着:プリモシーン  

take0606.hatenadiary.jp

14着:テトラドラクマ   

take0606.hatenadiary.jp

NHKマイルCレース後コメント   

news.netkeiba.com

~レース後のコメント~
1着 ケイアイノーテック(藤岡佑騎手)
 「嬉しいです。決してうまく乗れたわけではないのですが、馬の能力に助けられました。思ったより勢いがつかず、横風に煽られ、ゴールするまで分からないという感じでしたが、馬がよく頑張ってくれました。感謝しかありません。まだまだ可能性がある馬ですし、距離が延びても良さそうです」

2着 ギベオン(M.デムーロ騎手)
 「残念でした。最後フワッとしていてまだ子供っぽいです。それでももう一回頑張ってくれていますし、能力は十分です」
3着 レッドヴェイロン(岩田騎手)
 「流れには乗れましたが、着差が着差だけに残念でした。もう少しスムースに行けたら良かったと思います」
4着 ミスターメロディ(福永騎手)
 「ペースが遅く、行きたがりましたが、調教から抑えが利くように調整してもらってきたので何とかこらえられました。最後まで頑張りましたが、もう少しでした」
6着 パクスアメリカーナ(川田騎手)
 「左回りということがあり、直線では強く内にササっていました。ここが今後の課題となるでしょう」
12着 タワーオブロンドン(ルメール騎手)
 「スタートで躓いてポジションを取ることが出来ず、後ろからになりました。道中、内でレースを進めて、直線ではやっと空いたと思った時に前を遮られてしまいました。ほとんど追うことが出来ず、残念でした。距離は大丈夫そうです」
14着 テトラドラクマ(田辺騎手)
 「思っていた競馬が出来て、道中も力まずに行けました。ただGIということもあり、容赦なく他の馬が来て甘くなかったですね」

2018年クラシックロード 牡馬編   

take0606.hatenadiary.jp

ディープインパクト産駒 2018年牡馬クラシック世代   

take0606.hatenadiary.jp