俺、やっぱり馬が好き

たけさん、やっぱり競走馬が気になるらしい

マウレア |更新9/9 紫苑S(GⅢ) 1番人気で2着もゴール後に歩様乱れ武豊は下馬「何もなければいいが…」

f:id:ktake0606:20180205230617j:plain

2017年2歳新馬   

性別 生年月日
  • 2015/02/01
  •  
  • 3歳
馬主 落合幸弘 毛色 鹿毛
調教師 手塚 貴久(美 浦) 生産牧場 下河辺牧場
ディープインパクト
鹿 2002
サンデーサイレンス(USA)
ウインドインハーヘア(IRE)
バイザキャット(USA)
栗 1995
Storm Cat(USA)
Buy the Firm(USA)

マウレア|JBISサーチ(JBIS-Search)

2歳 2017年

3戦2勝 新馬 赤松賞勝ち

2歳新馬

芝左1600m / 天候 : 曇 / 芝 : 稍重 / 発走 : 12:35

1着 4 6 マウレア 牝2 54 戸崎圭太 1:37.3  
2人気

2歳新馬|2017年10月14日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年10月14日 2歳新馬 芝1600m 東京競馬場

1着:マウレア 牝2 (戸崎圭太)
2着:ロンギングファロー 牡2 (Mデムーロ)
3着:コロンバスデイ 牝2 (田辺裕信)

レースタイム:1:37.3(稍)
レース上がり3F:34.5
勝ち馬上がり3F:34.1

 全姉にアユサンを持つ素質馬マウレアがデビュー。姉と同様に東京競馬場を初戦の地に選んだ。

 レースは内の4、5番手を追走し直線に入ると力強く馬群を割り快勝。潜在能力の高さを示した。

 着差はコンマ2秒差ながらもジョッキーが懸命に追うシーンもほぼ見られず、着差以上の内容。鞍上の戸崎圭太も自信をのぞかせている。

 

 「新馬戦」(14日、東京)
 13年桜花賞アユサンの全妹で2番人気のマウレア(牝2歳、父ディープインパクト母バイザキャット、美浦・手塚)が、直線坂上で鋭く抜け出した。
 戸崎圭は「センスがいい走り。直線は楽にスピードに乗ってくれた」と称賛。手塚師は「時計うんぬんじゃなく勝ちっぷりがいい。距離は2000メートルぐらいまでなら大丈夫」と満面の笑み。次走は赤松賞(11月19日・東京)が濃厚。

赤松賞

芝左1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 14:15

1着 8 9 マウレア 牝2 54 戸崎圭太 1:37.1  
1人気

赤松賞|2017年11月19日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年11月19日 赤松賞 芝1600m 東京競馬場

1着:マウレア 牝2 (戸崎圭太)
2着:ミュージアムヒル 牝2 (北村宏司)
3着:ナラトゥリス 牝2 (菱田裕二)

レースタイム:1:37.1(良)
レース上がり3F:34.0
勝ち馬上がり3F:33.5

 中団の内目を追走し、直線コースに入ると末脚を爆発。マウレアが赤松賞を快勝した。 
 坂上付近で窮屈なシーンも見られたものの、怯むこと無く馬群の間に進路を求め突き抜けたレースぶりからも能力だけでなく勝負根性も示した。 
 
 姉アユサンとの比較でも順調さを感じられ、またクラシック戦線の有力馬として駒を進めているが、真の舞台は阪神仁川。姉が大輪の花を咲かせることとなる舞台、桜花賞。 
 その歩みの先には府中の大舞台が待っているが、まずは小手調べ。次走は、阪神ジュベナイルフィリーズとなった。

第69回阪神ジュベナイルF(GⅠ)

芝右 外1600m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

3着 2 4 マウレア 牝2 54 戸崎圭太 1:34.5 1/2
4人気

阪神ジュベナイルF|2017年12月10日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年12月10日 阪神ジュベナイルフィリーズ 芝1600m 阪神競馬場

1着:ラッキーライラック 牝2 (石橋脩)
2着:リリーノーブル 牝2 (川田将雅)
3着:マウレア 牝2 (戸崎圭太)
レースタイム:1:34.3(良)
レース上がり3F:34.4
勝ち馬上がり3F:33.7
 
 オルフェーヴル産駒の2頭ロックディスタウンとラッキーライラックが仲良く1、2番と人気を分け合い、ついでルーラーシップ産駒リリーノーブルが3番人気、マウレアは4番人気に支持されていた。

 姉が花咲かせた舞台、仁川の桜につぼみを付ける、ヒロインへの1マイル。阪神ジュベナイルフィリーズ。

 レースは、押してラスエモーショナルがハナへ立つとスロー。番手にコーディエライト、直後に8枠18番ロックディスタウンが追走する展開で馬群がひと塊のまま直線コースへ。

 ロックディスタウンが早め抜け出しにかかる。が、その外からリリーノーブルがかわし単独先頭へ躍り出るや、更にその外から2番人気ラッキーライラックが坂上でとらえると勝敗は決する。

 マウレアはその攻防には参加できなかったが、3着と健闘した。

阪神JFレース後コメント

3着:マウレア   

3着 マウレア(戸崎圭太騎手)
「これまでの2戦と同じく、上手なレースをしてくれました。まだ追ってから遊ぶところがあって、グッとくる所がありません。狭いところには入って行けるのですが...。でも、今後の成長が楽しみな馬です」

1着:ラッキーライラック   

1着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「前回は力んでいたので、今日は返し馬から気をつけてのぞみました。今日は落ち着いていました。頭のいい馬です。道中はうまく運べました。この馬の力は分かっていたので信じて乗りました。身体能力が高い馬で、運もあります。このまま無事にいってもらいたいです。久々のGIですが、この馬で勝ちたいと思っていました」
1着 ラッキーライラック(松永幹夫調教師)
「力を出し切ってくれればいいレースはしてくれるだろうと思っていました。アルテミスステークスの時より冷静にレースを見ることができました。今日のレースぶりを見て改めて力があると感じました。このあとは桜花賞を目指すことになりますが、距離が延びてさらにいい馬だと思いますから将来が楽しみです」
2着:リリーノーブル   

 

2着 リリーノーブル(川田将雅騎手)
「中1週のレースでしたが、テンションが上がることなくいい内容のレースでした。抜け出してからつかまりはしましたが、今日のところは勝ち馬が強かったということで内容的には良かったと思います。来年は逆転できるようにこれから過ごしていければと思います」

3歳 2018年

デイリー杯クイーンC(GⅢ)

芝1600m / 天気: / 馬場: / 発走:15:45

5着 5 10 マウレア 牝3 54 戸崎圭太 1:34.2 1/2
1人気

デイリー杯クイーンC|2018年02月12日 | 競馬データベース - netkeiba.com


 2018年02月12日 クイーンカップ GⅢ 芝1600m 東京競馬場

1着:テトラドラクマ 牝3 (田辺裕信)
2着:フィニフティ 牝3 (川田将雅)
3着:アルーシャ 牝3 (ルメール)

レースタイム:1:33.7(良)
レース上がり3F:35.9
勝ち馬上がり3F:35.9

 テトラドラクマと鞍上田辺裕信が展開した、前半1000メートルは57秒8というハイペースを、内の3番手で追走するマウレア。

 直線粘り込みをはかるテトラドラクマを懸命に追うも、2016年クイーンCを逃げ切ったGⅠ2勝メジャーエンブレムと同タイムの通過ラップが堪えたか、ツヅミモンとともに失速。マウレアのクイーンCが終わった。

 直線、中団に位置していた同じディープインパクト産駒のフィニフティにも、なすすべなく交わされ5着に敗れた。

 また、陣営が意気込んでいた“必勝態勢”もあっけなく破綻した。 

参考記事:【デイリー杯クイーンC】マウレア“必勝態勢” 出世レース制して本番へ!

クイーンCレース後コメント

5着:マウレア   

5着 マウレア(戸崎圭太騎手)
「スタートしてから良い感じで運べましたが、ラストでもたもたしたというか、反応がありませんでした。返し馬で若さも見せますし、気性的に幼い所があります」

1着:テトラドラクマ   

1着 テトラドラクマ(田辺裕信騎手)
「逃げる事も考えていました。力みやすいタイプなのでリズムよく行かなければと考えていましたが、スタートが良く逃げる形になりました。センスのある馬ですね。どんな相手でも一生懸命走る馬ですから、今後も楽しみです」

チューリップ賞(GⅡ)

芝右 外1600m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:35

2着 4 4 マウレア 牝3 54 武豊 1:33.7  
3人気

チューリップ賞|2018年03月03日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2018/03/03 第25回 チューリップ賞(GⅡ)〈レース結果〉

1着:ラッキーライラック 牝3 (石橋脩)
2着:マウレア 牝3 (武豊)
3着:リリーノーブル 牝3 (川田将雅)

レースタイム:1:33.4(良)
レース上がり3F:33.9
勝ち馬上がり3F:33.3

女王ラッキーライラック貫禄のV! 無傷4連勝で桜の舞台へ!

チューリップ賞レース後コメント ラッキーライラック石橋脩騎手ら

1着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「レースはゲートを出てから決めようと思っていました。新馬は別として、ここ2回は前を目標にして最後にかわすという形でしたが、今日はこういう展開になったので、自分から先に前に躍り出てどんな感じになるか確認しておきたかったのですが、問題ありませんでした。しっかり走れて、成長も感じていました。上手に仕上げてくれた関係者の皆さんのおかげです」
2着 マウレア(武豊騎手)
「いいレースができましたが、勝ち馬が強かったです。おいつけるような気配がなかったです。乗り味のいい馬で、レベルは高いですよ」
3着 リリーノーブル(川田将雅騎手)
「調教の段階から力むところがあって、そういう競馬になってしまいました。これで落ち着いてくれると思います。本番はよりいい競馬ができるでしょう」

桜花賞(GⅠ)

芝1600m / 天気: / 馬場: / 発走:15:40

5着 8 17 マウレア 牝3 55 武豊 1:33.8  
4人気

レース情報(JRA) - netkeiba.com


2018年04月08日 桜花賞 1600m 阪神競馬場 

ktake0606.hatenablog.com

1着:アーモンドアイ 牝3 (Cルメール)
2着:ラッキーライラック 牝3 (石橋脩)
3着:リリーノーブル 牝3 (川田将雅)
レースタイム:1:33.1(良)
レース上がり3F:34.4
勝ち馬上がり3F:33.2

桜花賞レース後コメント

5着:マウレア   

5着 マウレア(武豊騎手)
「枠なりのレースは出来ました。内に入ろうと思いましたが入れず、外を回って勝ち切るほどの力が今の時点ではないですね」

1着:アーモンドアイ     

1着 アーモンドアイ(ルメール騎手)
 「後ろのポジションから、直線ですごい脚を使ってくれました。信じられないくらいで、すごくいい気持ちです。直線では自分から走り出してくれました。素晴らしかったです。後ろからだったので、前の馬だけを見ていました。直線ではバランスがすごく良かったです。瞬発力はアンビリーバブルでした。大人になってパワーアップしていました。ラッキーライラックは1番人気でしたが、1番自信がありました。距離だけが心配でした。スタートの後はスピードがあまり乗りませんでしたが、ラスト20mが一番素晴らしかったです。長い距離でもいけると思いますし、オークスでも勝てると思います。トリプルクラウンを考えてもいいでしょう」

2着:ラッキーライラック   

2着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
 「よく頑張ってくれています。内枠でしたが、包まれないイメージ通りのレースが出来ました。直線も追い出しを我慢して脚を使ったのですが、勝ち馬に一瞬にして来られてしまいました。この馬も力を出し切ってくれていると思います」

優駿牝馬(オークス)(GⅠ)

芝左2400m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

5着 2 3 マウレア 牝3 55 武豊 2:24.8  
6人気

レース情報(JRA) - netkeiba.com


2018年05月20日 優駿牝馬(オークス) 2400m 東京競馬場 

1着:アーモンドアイ 牝3 (Cルメール)
2着:リリーノーブル 牝3 (川田将雅)
3着:ラッキーライラック 牝3 (石橋脩)
レースタイム:2:23.8(良)
レース上がり3F:34.9
勝ち馬上がり3F:33.2

オークスレース後コメント   

5着:マウレア       

5着 マウレア(武豊騎手)
「前にアーモンドアイを見ながら、食らいついて行こうと思っていましたが、届きませんでした。最後まで頑張っていますが、距離が長いかもしれません」

1着:アーモンドアイ       

1着 アーモンドアイ(ルメール騎手)
「勝つ自信がありました。完璧なレースでしたね。今日はテンションが高かったので、スタートして良いポジションを取りました。それからはリラックスして走って、直線に向いてから加速してくれました。2400mも問題なかったです。秋は3冠がかかりますが、2000mでも大丈夫そうです。海外遠征の可能性については、ポテンシャルが高く、特別な馬なので海外でもいけると思います。(お誕生日おめでとうございます、と言われて、メルシーと嬉しそうでした)」
(国枝栄調教師)
 「最初にあの位置取りを見た時にはビックリしましたし、心配にもなりましたが、すぐに安心しました。レースは落ち着いて安心して見ていられましたが、とにかくホッとしました。この後は、秋に秋華賞で3冠を目指します。調教を積む中でこれはモノが違うと思いました。いい形でここまで来ていますから、この後も順調にいけるよう、やっていきたいと思います」

2着:リリーノーブル   

2着 リリーノーブル(川田騎手)
 「レース前から話していた通り、今日は本当に馬の状態が良かったです。レースでは枠を生かしてスムーズな競馬が出来ました。最後までよく伸びていますが、勝った馬が強かったです」

3着:ラッキーライラック   

3着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
 「スタートはいつも通りに出てくれたので、道中は折り合いだけ専念してうまく運べました。4コーナーで後ろを見た時にすぐ後ろに(勝ち馬アーモンドアイの)シャドーロールが見えたので、もうそこにいるのかという感じでした。直線では馬場のいいところに持っていってよく頑張りましたが、勝ち馬には敵いませんでした」

紫苑S(GⅢ) 

芝2000m (右) 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:45

2着 1 1 マウレア 牝3 54.0 武豊 1:58.5 1人気

レース情報(JRA) - netkeiba.com


2018年9月9日 紫苑S 2000m 中山競馬場 

1着:ノームコア 牝3 (ルメール)
2着:マウレア 牝3 (武豊)
3着:ランドネ 牝3 (吉田隼人)
レースタイム:1:58.0(良)
レース上がり3F:34.2
勝ち馬上がり3F:33.6

紫苑Sレース後コメント ノームコア C.ルメール騎手ら

1着 ノームコア(C・ルメール騎手)
「道中は4~5番手でリラックスして走っていました。抜け出す時も、とても良い手応えで、ゴールまでよく頑張ってくれました。アーモンドアイは強いけれど、この馬にもチャンスはあると思います」
5着 ハーレムライン(大野拓弥騎手)
「少し余裕残しの体でしたが、見せ場はありましたし、1回使えば良くなると思います。あと1ハロンで止まったのは距離なのか久々だったのかわかりません」
7着 クイーングラス(丸田恭介騎手)
「密集した馬群の中は初めての経験でしたから、進み方がにぶくて、動き切れませんでした」
8着 オハナ(石橋脩騎手)
「今日はフレッシュさがありました。スタートを上手に出て向正面で少し流れたのが残念でした。あそこでジッとしていたかったです。ここ2戦と違って最後まで頑張っていました。少し前進があったと思います」
11着 ロサグラウカ(石川裕紀人騎手)
「とびあがるようなスタートで、遅れてしまいました。ペースが流れて前が止まるかと思いましたが、最後は脚色が同じになりました。スタートが悔やまれます」
14着 レッドベルローズ(三浦皇成騎手)
「外枠がきつかったです。距離ロスなく行きたかったです。内でうまく立ち回れたら良かったのですが。しかし、体が増えて良くなっています」

マウレア2着もゴール後に歩様乱れ武豊は下馬「何もなければいいが…」