俺、やっぱり馬が好き

たけさん、やっぱり競走馬が気になるらしい

ブラストワンピース |2018年度JRA賞 大混戦の最優秀3歳牡馬はブラストワンピース!得票率41%

f:id:ktake0606:20190108222319j:plain
2018年有馬記念 (GⅠ)    

性別 生年月日
  • 2015/04/02
  •  
  • 3歳
馬主 有限会社シルク 毛色 鹿毛
調教師 大竹 正博(美 浦) 生産牧場 ノーザンファーム
ハービンジャー(GB)
鹿 2006
Dansili(GB)
Penang Pearl(FR)
ツルマルワンピース
鹿 2008
キングカメハメハ
ツルマルグラマー

ブラストワンピース|JBISサーチ(JBIS-Search)

2歳 2017年

2歳新馬

芝左1800m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 12:10

1着 5 7 ブラストワンピース 牡2 55 池添謙一 1:51.4  
5人気

2歳新馬|2017年11月19日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2017年11月19日 2歳新馬 1800m 東京競馬場 

1着:ブラストワンピース 牡2 (池添謙一)
2着:ロードダヴィンチ 牡2 (戸崎圭太)
3着:バールドバイ 牡2 (内田博幸)

レースタイム:1.51.4(良)
レース上がり3F:33.5
勝ち馬上がり3F:33.3

1着 ブラストワンピース(池添謙一騎手)
「初めて乗りました。スタートが良くて、馬の後ろで折り合えました。瞬発力のある馬でいい反応でした。大きな身体で余裕がありそうです。いいものを持っていると思います。距離はもっとあった方がいいと思います」

3歳 2018年

ゆりかもめ賞

芝左2400m / 天候 : 晴 / 芝 : 稍重 / 発走 : 14:35

1着 7 12 ブラストワンピース 牡3 56 池添謙一 2:27.6  
2人気

ゆりかもめ賞|2018年02月04日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2018年02月04日 ゆりかもめ賞 2400m 東京競馬場

1着:ブラストワンピース 牡3 (池添謙一)
2着:ドレーク 牡3 (藤岡康太)
3着:ロジティナ 牡3 (浜中俊)

レースタイム:2.27.6(良)
レース上がり3F:35.4
勝ち馬上がり3F:34.0

1着 ブラストワンピース(池添謙一騎手)
「スタート直後は馬場を気にしていましたが、そこをこらえると向正面では後方の位置でいい形でレースをしてくれました。3コーナーから馬込みに入れてもひるむことなく、直線で追い出すとすごく反応が速く、あっという間に先頭に立ちました。休み明けでこれだけ走るのですから、将来が楽しみになるレースでした」

毎日杯 GⅢ

芝1800m / 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:35

1着 1 1 ブラストワンピース 牡3 56 池添謙一 1:46.5  
1人気

毎日杯|2018年03月24日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2018年03月24日 毎日杯GⅢ 1800m 阪神競馬場

1着:ブラストワンピース 牡3 (池添謙一)
2着:ギベオン 牡3 (バルジュー)
3着:インディチャンプ 牡3 (岩田康誠)

レースタイム:1.46.5(良)
レース上がり3F:34.1
勝ち馬上がり3F:33.9

ブラストワンピースが無敗馬対決を制す! いざクラシックへ!

 24日、阪神競馬場で行われた毎日杯(3歳・GIII・芝1800m)は、好位でレースを進めた池添謙一騎手騎乗の1番人気ブラストワンピース(牡3、美浦・大竹正博厩舎)が、直線に入って内から抜け出し、最後は2着の2番人気ギベオン(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分46秒5(良)。
 さらにクビ差の3着に3番人気インディチャンプ(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)が入った。
 勝ったブラストワンピースは、父ハービンジャー母ツルマルワンピースその父キングカメハメハという血統。新馬戦、ゆりかもめ賞に続く無傷の3連勝で重賞初制覇を飾った。

東京優駿(日本ダービー) GⅠ

芝2400m (左) 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:40

5着 4 8 ブラストワンピース 牡3 57 池添謙一 2:23.8  
2人気

東京優駿|2018年05月27日 | 競馬データベース - netkeiba.com

2018年05月27日 東京優駿(日本ダービー)GⅠ 芝2400m 東京競馬場

1着:ワグネリアン 牡3 (福永祐一)
2着:エポカドーロ 牡3 (戸崎圭太)
3着:コズミックフォース 牡3 (石橋脩)

レースタイム:2:23.6(良)
レース上がり3F:34.6
勝ち馬上がり3F:34.3 

5着:ブラストワンピース   

5着 ブラストワンピース(池添謙一騎手)
 「レース前から唯一の不安だったゲートでがたついてしまい立ち遅れました。1~2コーナーでポジションを取りに行き、そこからはペースが遅くても折り合いはつきました。しかし、勝負所で前の下がってきた馬の影響でポジションが悪くなり、行き場を失ってしまいました。最後の1ハロンでいいところに出せてジリジリ伸びましたが、勝負所のロスが大きかったです。直線でいいところに早く出せていれば勝ち負けするぐらいだっただけに申し訳ありません。プラス10キロの影響もあったのかもしれません」

1着:ワグネリアン   

1着 ワグネリアン(福永祐一騎手)
 「ゴール前、最後はもう気合いだけでした。勝ったのは分かりましたが、ゴールの瞬間もそのあと帰ってくる時も、自分がフワフワした感じになるのは初めての経験でした。これまでなかなかダービーを勝つことができませんでしたが、今日はスタッフの仕上げに馬がよく応えてくれました。これまで多くの人に勇気づけられました。ダービー制覇は父の悲願でした。良い報告ができそうです」
1着 ワグネリアン(友道康夫調教師)
 「去年中京でデビューした時から「ダービーへ」と言っていました。皐月賞の時はテンションが上がるのを気にして調教は軽くしていましたが、ダービーはここを目標にしっかりやってきました。馬も応えてくれて、落ち着きもありましたし、馬体重もマイナス2キロでおさまりました。マカヒキの時とはまた違う、言葉にできない喜びです。福永騎手とは20年以上の付き合いで、ダービージョッキーへの想いも知っていたので、ダービージョッキーにしてあげたいという気持ちがずっとありました。今後は放牧に出して、夏、休ませます。その後は相談してこれから決めます」

新潟記念(GⅢ) 

芝左 外2000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:45

1着 1 1 ブラストワンピース 牡3 54 池添謙一 1:57.5  1人気 

新潟記念|2018年09月02日 | 競馬データベース - netkeiba.com

2018年9月2日 新潟記念(GⅢ) 芝2000m 新潟競馬場

1着:ブラストワンピース 牡3 (池添謙一)
2着:メートルダール 牡5 (福永祐一)
3着:ショウナンバッハ 牡7 (三浦皇成)

レースタイム: 1:57.5(良)
レース上がり3F:34.6
勝ち馬上がり3F:33.5 

新潟記念レース後コメント ブラストワンピース池添謙一騎手

1着 ブラストワンピース(池添謙一騎手)
「人気に応えられてホッとしています。外差し傾向の馬場で1番ゲートだったので、どこかで外に出せればと思っていました。ゲートの出が少し悪かったのですが、道中は良い形で走ってくれました。直線、抜け出してからも余裕がありました。外目に持って行って、お客様に見てもらおうと思って、直線は外に出して行きました。ステッキも使っていないし、良い内容だと思います。ダービーより落ち着いてレースができましたし、精神面でも成長しています。馬体ももっと良くなると思います。ダービーでは悔しい思いをしました。菊花賞は勝ちたいと思っているので、応援よろしくお願いします」
1着 ブラストワンピース(大竹正博調教師)
「本番(菊花賞)まで間をあけたかったので、このレースを使いましたが、次走に向けて申し分のないレースでした。若干、おなかのラインが丸みをおびていて、イメージ通りまだ緩い状態です。強かったですし、今日の内容なら、距離は延びてもいいですね。この後は放牧を挟んで、本番に向かいます」

新潟記念 圧勝ブラストワンピース菊花賞直行も「これこそが王道」である理由

ブラストワンピース、35年ぶり3歳馬V 菊花賞へ想像以上の成長見せた!

菊花賞 (GⅠ)

芝右 外3000m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40

4着 2 3 ブラストワンピース 牡3 57 池添謙一 3:06.5  
1人気

菊花賞|2018年10月21日 | 競馬データベース - netkeiba.com


2018/10/21 第79回 菊花賞(GⅠ)〈レース結果〉

f:id:ktake0606:20190108221400p:plain

菊花賞【2018年10月21日京都11R】 | 競馬ラボ

4着 ブラストワンピース(池添騎手)
「返し馬でもピリッとした中、落ち着きを見せていました。ゲートも普通に出てくれました。ただ、1周目の下りでゴチャついて少し後ろになってしまいました。正面スタンド前ではスローのなか我慢して、上がり勝負のなか止まっていないのですが、決め脚のある馬に上位に来られた感じです」

有馬記念 (GⅠ)

芝右2500m / 天候 : 曇 / 芝 : 稍重 / 発走 : 15:25

1着 4 8 ブラストワンピース 牡3 55 池添謙一 2:32.2  
3人気

有馬記念|2018年12月23日 | 競馬データベース - netkeiba.com


競馬 有馬記念 レース結果 動画 2018年

f:id:ktake0606:20190108220453p:plain

有馬記念(グランプリ)【2018年12月23日中山11R】 | 競馬ラボ

有馬記念レース後コメント ブラストワンピース池添謙一騎手

1着 ブラストワンピース(池添騎手)
「最高です。ずっとこの馬はGIが取れると言っていながら、ダービー菊花賞と勝てなくて、やっとそれを証明することが出来て本当に嬉しいです。レースは真ん中の枠だったので、閉じ込められるのに気をつけながら行きましたが、攻めて行きたいと思っていたので、ゲートを出てから出して行ってあの位置になりました。道中、上手に走ってくれました。

逃げた前の馬はしぶとい馬で、後ろにはレイデオロがいるのも分かっていましたが、このタイミングだと思って行きました。坂を上がってレイデオロが詰め寄って来たのが分かりましたが、"頑張ってくれ、頑張ってくれ"と思いながら何とか凌ぎ切ってくれました。気分は最高です。これから成長してくれると思いますし、来年は古馬のチャンピオンとして頑張れると思うので、また応援して下さい」

(大竹正博調教師)
「今までGIを取れる馬は(厩舎に)たくさんいました。ようやく大きなハードルを越えられました。表彰式でスタンドの照明が当たって、見たことがない景色だと思いました。人気になって勝ち切れないレースもたくさんありましたが、ようやくファンに恩返しが出来ました。(+4キロで)パドックで見た時には、体は出来ていて力強さを表現出来ているシルエットだなと思いました。

レースはジョッキーに任せていましたが、ポジションを意識的に取りに行っているのが分かったので、折り合いがついてくれればと祈るだけでした。ゴールに入った瞬間は泣くかなと思いましたが、やったという気持ちの方が強かったです。まだここがゴールではありませんし、馬を見て今後のことは考えたいと思います」

大混戦の最優秀3歳牡馬はブラストワンピース!得票率41%

池添 受賞の“理由”を分析「歴戦の古馬に…」

 平成最後のグランプリ「第63回有馬記念」をブラストワンピースで制した池添謙一騎手(39)が8日、自身のインスタグラムを更新。この日発表された「JRA賞」で愛馬が最優秀3歳牡馬に選出されたことを喜んだ。
 有馬記念でレイデオロら古馬を破ったブラストワンピースが276票中41%に当たる114票を集め、選出。次点は88票のダービー馬ワグネリアン、さらに69票でチャンピオンズCなどダートG1を3勝したルヴァンスレーヴが続いた。